主に荒川水系、入間川水系、利根川水系のスモールマウスバス、たまに霞ヶ浦水系のラージマウスバスを狙う初心者おかっぱりバサーのブログ。

スモールマウスバスフィッシングにはどの種類のラインを使えばいいのか?

2017/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

釣り用ラインにはいくつかの種類があります。それぞれのラインにはメリット・デメリットがあり、用途によって使い分けて使用します。
この記事では、そのラインの特徴について書いていきます。
自分の釣り方に合ったラインを選びましょう。

Sponsored Link



ナイロンラインの特徴

3種類のなかで最も伸張性が高い。しかし、吸水性が高く他と比べ早く劣化することや、リーダーとしては根ズレに弱いという欠点もあるため、昨今あまり使われなくなってきている素材のライン。

メリット

・単位当たりの価格が安い
3種類のラインの中で最も安価なライン。
・伸張性が高いため、魚が乗りやすい
伸張性が高い為、魚に違和感を与えにくいライン。

デメリット

・吸水性が強いため劣化が早い
釣行後にラインチェックが必要となります。
・根ズレに弱い為、リーダーには不向き
ハードカバーなど、ストラクチャーのあるような場所には不向きなラインです。
・水に沈みにくい
メリットでもあり、デメリットでもある。
どちらかというと表層系の釣り向き。
(カレント(流れ)のある釣り場では、沈みにくいため使いやすい)

フロロカーボンラインの特徴

現在、バス釣りでのメインラインとして用いられる。ナイロンに比べて耐摩耗性が高いので根ズレに強く、結束部もより強くなります。

メリット

・耐摩耗性が高く、根ズレに強い
ハードカバーなどのストラクチャーがある場所で力を発揮するライン。
・ナイロンに比べると伸張性が低く、感度が高い
感度が高く、アタリを取りやすい。

デメリット

・巻き癖がつきやすく、ライントラブルの原因になりやすい
癖がつきやすく、特にスピニングリールでのライントラブルが多いライン。
・水に沈みやすい
メリットでもあり、デメリットでもある。
流れを利用した釣り方(ドリフト)で通したいラインを引いて来るのが難しい。

PEラインの特徴

PEラインはポリエチレン繊維が4本、または8本撚り合わされているラインのこと。他の素材に比べて抜群の強度を誇り、現在ではほぼすべてのルアーゲームのメインラインにPEラインが用いられる。
昨今、シェアを伸ばしている注目のライン。

メリット

・伸張性が低く、感度が非常に高い
ほとんど伸びない為、ルアーの感覚がとてもダイレクトに感じられる。
・他のラインに比べて強度が高いため、細いラインを使用できる
ポリエチレンを編み込んでいる為、強度は群を抜いて高い。
・劣化しにくく、長期間使用可能
劣化がほとんどなく、その使用期間は約1年とも言われている。
・細くて軽い為、圧倒的飛距離
軽くて細い為、他のラインと比べて圧倒的に飛距離が出せる。

デメリット

・耐摩耗性が低いため根ズレに弱く、リーダーが必要となる
引っ張り強度は非常に高いが、摩擦には非常に弱い。トップでの釣り以外はリーダーは必須です。
・ライントラブルが起こりやすい
3つのラインの中で最もトラブルが起きやすいライン。その為、今まで敬遠されてきたラインです。
ライントラブル防止対策として、PEライン用スプレーを使用する事をオススメします。
・軽い為風に弱い
強風時、ラインが風に影響されルため、トレースしたいラインを引くことができない

タックルセッティングの例

僕が主に使用しているタックルのラインセッティングを紹介します。
・フロッグ、表層系ビッグベイト用
ロッド:シマノ エクスプライド171H
リール:シマノ 13メタニウムXG 深溝スプールorスコーピオンMG1000
ライン:シューター PEライン60lb or スパイダーワイヤー ナイロン26lb
フロッグ用にPEライン、ビッグベイト用にはナイロンラインを使用。
用途によってリールを乗せ換えます。

・巻物用
ロッド:シマノ ゾディアス166M
リール:シマノ 13メタニウムHG 
ライン:フロロマイスター フロロカーボン14lb
巻物全般で使用しているタックル。
スモールマウスバスは川にいるだけあってパワーがあります。
ラージマウスバスでは12lbでしたが、スモールマウスバス用に若干太目の14lbを使用しています。

・ベイトフィネス用
ロッド:シマノ エクスプライド164L-BFS
リール:シマノ 12アルデバランXG BFS
ライン:フロロマイスター フロロカーボン10lb
ほぼ、ネコリグ専用タックルです。
感度重視なら8lbですが、こちらも少々強引なファイトも可能な10lbを組んでいます。

・スピニング用
ロッド:シマノ エクスプライド262UL-S
リール:シマノ ツインパワーMG2500S DH
ライン:YGKよつあみGソウル X8 PE0.8号+フロロカーボンリーダー4lb
主にスプリットショットリグやダウンショットリグ、ノーシンカーリグで使用。
カレントの効いた河川でのドリフトで使用するためラインが水に沈まないメリットを生かして使用しています。
PEラインの為、ドラグ調整をしっかりすれば少々強引なファイトも可能です。

・パワースピニング用
ロッド:シマノ ゾディアス 270ML
リール:シマノ セフィアCi4+ C3000HGS DH
ライン:スパイダーワイヤーX4 マルチカラーPEライン1.2号+フロロカーボンリーダー8lb
今、流行のパワースピニング。
スモラバをカバーに打ち込んだり、メタルバイブのリフト&フォールをメインに使用。
冬の釣りには欠かせないタックルです。

まとめ

タックルはロッドとリールのバランスが大事だと思っている方が多数いらっしゃいますが、
実はラインの種類や太さをロッドやリールに合わせるのも非常に大事です。
感度やフッキングの乗りはラインのセッティングで変わってくると言っても過言ではありません。
自分のスタイルにマッチしたラインを見つけてみてくださいね♪

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


バス釣りランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Ken-z【スモールマウスバス】釣りBLOG , 2017 All Rights Reserved.