主に荒川水系、入間川水系、利根川水系のスモールマウスバス、たまに霞ヶ浦水系のラージマウスバスを狙う初心者おかっぱりバサーのブログ。

D-Style(ディスタイル)の陸っぱりBAGのスリリングバッグをレビュー!!

2017/11/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

陸っぱりアングラー専用のフィッシングバッグは陸っぱりアングラーちは必須アイテムです。
ディスタイルから発売されているスリリングバッグはそんな陸っぱりアングラーに向けて作られたフィッシングバッグ。
コンパクトながら収納豊富で使い勝手もGood。
そんなディスタイルのスリリングバッグをレビュー!!

Sponsored Link



D STYLE スリリングバッグ詳細

コンパクトながら、徹底的に無駄を省いたシンプルな設計となっています。
生地にはコーデュラナイロンを使用し、耐久性や強度にもこだわっています。


正面にはメインポケットの他、小物を収納できる便利なポケット、カラビナやピニオンリールを装着可能なDカンもついています。
僕は、正面の小物用ポケットにはプライヤーを収納しています。


背中面には3Dエアメッシュを採用し、ムレを防止するような仕組みになっています。

両サイドにはDカンが各2つずつ搭載されています。
鍵やラインカッターなどをカラビナやピニオンリールを使って装備することができます。
また小物用ポケットもあり、このポケットにはバーサスのVS-355、VS-315がピッタリと収まります。



TOPには釣行中に素早くルアー交換を可能にするファスナー付きです。
このファスナーには止水ファスナーを採用し、水の浸入を防げるようになっています。
しかもファスナーは開けっ放しでも荷物が落ちないようなデザインのため、素早いルアー交換を可能にしています。


底面は、ゴムネットが搭載されていて、ランディングネットやレインウェアなどが収納可能となっています。

収納性能は??

たくさんの機能、ポケットを搭載しているこのBAGですが、収納性能はどうなんだろうか??
実際に僕が収納しているタックルを紹介していきます。

メインポケットの内側にはもう1つポケットがあります。


このポケットにはフックケースとシンカーケースをいれます。
ケースはバーサスのVS-388、VS-318が各1つ、2つ並べてちょうど収まります。


メインポケットにはワームとハードベイト用のBOXを入れています。
ハードベイト用BOXはバーサスのVS-3010を使用しています。
ワームはパッケージごと数袋持っていきます。



ざっとそんな感じで収納し、使っています。

僕が収納してるタックルはざっとこんな感じです。

レイドジャパンのバンクトレイルというモデルのおかっぱりバッグも持っていますが、
このスリリングバッグとの使い分けとして、よく行く知ったフィールドはスリリングバッグで選抜したルアータックルで行きます。
その為、いつもたくさんのルアーやワームを持ち歩きたいという方には少し物足りないのかもしれません。。。
逆によく知らないフィールドは色々と持っていきたいので、より大容量なバンクトレイルを使用しています。
バンクトレイルに関しても、またレビューを上げたいと思います。

こうやって使います

考案者の『俺の職業バスプロ』こと『青木大介』さんが動画で詳しく使い方の説明をしてくれています。
とても分かりやすく、丁寧な解説となっています。


引用元:ディスタイル公式サイト

背負った感じは??

このバッグの唯一の欠点!?はロッドホルダーが無いことです。
ほとんどの陸っぱりバサーはロッドを2本持ち歩くスタイルだと思います。
僕も2本持ち歩く派です。その為、このバッグだとロッドホルダーが無いためとても苦労します。
なので、ロッドホルダーを自作し、取り付けました。
自作と言っても、ホームセンターで売っている現場仕事をされている方がハンマーなどの工具をベルトループを通して使っているアレを少しカスタムし、それをバッグのサイドポケットのところに通して使っています。
簡易ロッドホルダー(笑)


リューギから出ている革製のロッドホルダーをイメージして作りました。
リューギのロッドホルダーの価格の1/5程度の価格でつくれます(笑)

背負った感じはこんな感じです。
特に背負ったロッドが干渉することもなく、問題なく使用できます。

まとめ

陸っぱり用のタックルバッグは色々なメーカーから出されています。
僕は、陸っぱり用バッグの腰に巻くタイプがどうも苦手で、肩掛けタイプ派です。
肩掛けタイプのバッグはあまり出ておらず今までなかなか納得できるバッグがなかったのですが、
このバッグはロッドホルダーを自作し、取り付けたことによってさらに使いやすさがUPした納得のバッグです。
価格も高くないので、オススメです。

今回紹介したアイテム

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


バス釣りランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Ken-z【スモールマウスバス】釣りBLOG , 2017 All Rights Reserved.