主に荒川水系、入間川水系のスモールマウスバス、霞ヶ浦水系のラージマウスバスを狙うおかっぱりバサーのブログ。

釣行レポート 2018年3月 @荒川水系 その1

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年3月中旬。
荒川水系へスモールマウスバスをハンティングしに行ってきました。
季節も進行し、春を感じるようになりました。
スポーニングを目前に控え、メスバスは捕食を始めます。

Sponsored Link



出撃場所の状況、ポイント

荒川水系の超メジャースポット
知らない人はいないんじゃないか?と言うほどのメジャースポット。
しかし、あえて名前は伏せさせてもらいます。
週末ともなると釣り堀状態の当スポット。

水温14度
水質はややにごり気味
水量は平水
天候は小雨がぱらつく天候

この場所は水が流れ込む堰、シャロー、ディープ、チャラ瀬などスモールマウスバスが好む条件を
複数持ったエリアです。
魚は相当スレていますが、必ず居着いているポイント。

釣行レビュー

水温も14度に達し、スモールマウスバスも活発に動くようになります。
特にメスのスモールは間近に控えている産卵のため餌を求めてシャロー(浅瀬)を
うろうろするようになります。
ボトムにべったりだった冬とは違い、目線も上向きで浮き気味。
巻物にも反応するような季節です。
この日は、小雨が混じる少し肌寒さを感じる天候でしたが、
水温は14度あったため、魚は動けているようでした。
現に、今年初のボイルを目の当たりにしました。

下流域のシャローとディープが絡むブレイクを中心にスプリットショットで
ドリフトさせながら丁寧に探っていくが反応なし。
ボイルがあったので、まさかの3月からTOPを巻くも反応なし。

少しずつ上流側へ歩みを進めながら流れのヨレ、テトラの際などをダウンショットで狙いますが、
返事は帰ってこず・・・

堰直下の流れのヨレ、テトラ際までしっかりと流しましたが、全く反応なしの為、
広めに堰真ん中の流れのヨレを攻めると、見事に40UPのプリスポーンのメスバスを捕獲できました。

釣行のポイント

やはり水温の上昇は魚の動きを活発にさせてくれます。
個人的観点ですが、14度を超えるようになってくると魚が釣れ始めるのではないかと。

この日、水温は14度、HITした場所が堰真ん中の流れのヨレ。
釣れた魚はプリスポーンの腹パンのメスバス。
またボイルも発生しています。

このことから想像するにメスバスはスポーニングに向けて餌を求めて動きが活発化。
捕食するために流れのヨレで餌が来るのを待っている状態。
目線はボトムと言うより上向き。

水温上昇によって魚が活性化し、スポーニングに向けて動き出した。
春になってきた!ということです。

釣行動画

今日のメインルアー

・レインズ『スワンプジュニア(リンタロウ)』

オフセットフック使用のスプリットショットリグでの使用。
ドリフトでナチュラルに漂わせながら釣るイメージで使用しています。

・OSP『ドライブスティック3インチ SPEC2(グリパン)』

ヒットルアー

・OSP『ドライブスティック3インチ SPEC2(ゴーストシュリンプ)』

今日のメインタックル

ベイトタックル


ロッド:SIMANO(シマノ)エクスプライド164L-BFS
リール:SIMANO(シマノ)12アルデバラン BFS XG
ライン:フロロマイスター フロロカーボン8lb

スピニングタックル


ロッド:SIMANO(シマノ)エクスプライド 262UL-S
リール:SIMANO(シマノ)ツインパワー2500S DH
ライン:フロロマイスター フロロカーボン4lb

まとめ

季節の進行とともに魚も動き始めています。
3月中旬~4月上旬にかけてはスポーニング(産卵)も絡むようになってきます。
今の時期しか釣れないプリスポーンのBIGスモールを釣るチャンスです。
フィールドに足を運んでBIGな1本を獲っちゃいましょう!!
 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


バス釣りランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 間違いだらけのスモールマウスバスFishing , 2018 All Rights Reserved.