主に荒川水系、入間川水系、利根川水系のスモールマウスバス、たまに霞ヶ浦水系のラージマウスバスを狙う初心者おかっぱりバサーのブログ。

釣行レポート2017年6月中旬@荒川水系

2017/07/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年6月18日(日)、入間川水系へ行ってきました。
はたしてこの日の結果や如何に??
釣行レポート、お付き合いくださいm(__)m

Sponsored Link



出撃場所(小畔川・越辺川)

当日の状況

・小畔川
水温約20度、水質はクリア、水量は不明(初場所のため詳細わからず)。

初めて訪れた小規模河川。川幅5m前後、水深も50cm前後の場所が多く、水質もクリア。
スモールが居るという情報を入手したため、越辺川との合流部分より上流部で変化のある場所を車でランガンしました。

・越辺川
水温約20〜24度、水質はにごり気味、水量は減水。

この日回ったのは3スポット。どのエリアもかなり減水しており、にごりが入り、場所によっては脂も浮いてるような状態でした。水温もエリアによって差があり、カレントが効いていない場所はぬるく感じるほど、水温が上昇していました。
雨が降って水が入れ替わらないと厳しいのではないか・・・

釣行レビュー

4時釣行開始。
朝一は昨年、かなり美味しい思いをした入間川水系のとある堰。
しかし、水質が非常に悪く、水も臭く泡が消えない・・・
30分ほど打つが全く反応が無いので、移動。

初場所、小畔川をかなり上流のほうから車でランガン。田んぼの間を流れる川の為、車の駐車には注意が必要です。
全体的に水深が浅く、常に底が見えるような状態。バスの姿は確認できず、確認できたのは鯉ばかり。
それでも、スモールが釣れるという情報があったので、水が動いている場所を中心に投げ続けるが一切反応なし。
越辺川との合流点手前の川幅が細くなりカレントが効いていて深くなっている場所にスイングインパクトのネイルリグをドリフトさせながら流してくると、ガツっとバイト。
流れの中の障害物の裏でエサが流れてくるのを待っていたのでしょう。

そして、同じようなカレントの効いた少し深い場所にて、豆をもう1匹追加。

そして、越辺川のピンスポットを3箇所打ちに・・・
明らかに小畔川よりも水質が悪く、丁寧に攻めましたが、反応が無く昼前に納竿となりました。

今日のキーワードはカレントの効いた深場

河川全体として言えるのですが、水質が悪い。
その悪い中でも、カレントが効いている場所は少し水質が良いのかもしれません。
全体的に浅い河川では、底が見える場所ばかり。
身を隠してエサを待つには、カレントが効いた深場が上手くエサを取る為のポイントだったのでしょう。
同じような条件で2バイトありましたが、腕が悪く乗せる事が出来なかったのが残念です。
梅雨に入り、まとまった雨が降れば水も入れ替わり魚の活性も上がり、アーリーサマーパターンが効くようになりそうです。

今日のメインルアー

・Dstyle レゼルブ

・OSP ドライブクロー2.0

・OSP HPミノー3.1

・ケイテック スイングインパクト2.5

ヒットルアー

・ケイテック スイングインパクト2.5インチ

カラーはゴールドフラッシュミノー、ネイルリグにて使用。シンカーは0.9g、フックはノガレスモスキートヘビー#1。ドリフトでの釣りで、バスがベイトフィッシュを捕食している場合で一番オススメなのがこのネイルリグ。
ぜひ、一度お試しあれ!!

・OSP HPミノー3.1インチ

カラーはワカサギ、ノーシンカーにて使用。フックはノガレスモスキートヘビー#1。
i字引きでスローにカレントに乗せて、上流から弱って流れてくる小魚を演出しました。

今日のメインタックル

ベイトタックル

ロッド:SIMANO(シマノ)
リール:SIMANO(シマノ)
ライン:ショップオリジナルフロロカーボン10lb

スピニングタックル

ロッド:SIMANO(シマノ)
リール:SIMANO(シマノ)
ライン:ショップオリジナルフロロカーボン3lb

まとめ

ローライトだったこの日は、ラメ入りカラーに反応がありました。
梅雨入りして、ローライトコンディションが続くはずなので
しばらくは、ラメ入りカラーを中心に狙っていきたいと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


バス釣りランキング






Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Ken-z【スモールマウスバス】釣りBLOG , 2017 All Rights Reserved.