主に荒川水系、入間川水系のスモールマウスバス、霞ヶ浦水系のラージマウスバスを狙うおかっぱりバサーのブログ。

【川スモールマウスバス】早春の釣りを振り返る・・・

2020/03/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2月・3月の釣行を振り返ってみて、早春のスモールマウスバスについていろいろと考えてみた。。。

3月も下旬に差し掛かり水中も完全に春が来ている中、良型のメスのスモールはそろそろスポーニング・・・

水温の上がるこれからの時期は、小さな個体も積極的に動き回るようになるので良型のみを狙い打つのが難しくなってくるような気配。

しかし2~3月上旬の釣りで、良型のメスのスモールを狙い撃ちするような釣り方が少し見えてきたような気がします。

それについてまとめてみました。

Sponsored Link



早春に有効な釣り方、ルアー、リグについて

2月の中旬に差し掛かる頃、自分のよく行く河川の水温が数日間13℃を上回る日があり、その辺りから良型のメスのスモールが春を意識し始め動き出したような気がしました。

冬のポジションから春のポジションに少しずつ移動を始め捕食活動も冬よりも積極的にするようになる頃、有効な釣り方は以前の記事でも紹介した通り、

ゆっくりと誘えてアピールの強いルアー(ワーム)

が有効な気がします。

ハードルアーではスピナーベイト、シンキングスイッシャーでスモールをキャッチ。

友人は、メイン河川は違いますがこの時期に有効なアラバマリグでハメていました。

しっかりとアピール出来て、ゆっくりと誘えるルアーは特にフィーディングエリアでの水温が上がった夕マズメの時間帯に有効な気がします。

ソフトベイトでは、5インチクラスのストレート系ワームでの実績が高かったです。その中でも水押しの強い太めのストレートワームが特にバイトがおおかったです。リグは、フリーリグで使用しましたが、シンカーストッパーを15~25センチほどフックから離した位置で固定して、ライトキャロ的な使い方での釣果がよかったように思えます。

この釣り方に関して、日中の太陽が出ているようなタフな状況でのスローな場面においても有効でした。

いずれにせよ、誘うルアーは冬に使うような小さなルアーやワームではなく、大きくアピールの強いモノでした。

個人的に好きでよく使用していたルアーは

ハードルアーでは

『ノリーズ フラチャット7g』

『ダイワ スティーズスピナーベイト3/8オンス』

『ダイワ ガストネード88S』

『レイドジャパン レベルミノー』

ソフトベイトでは

『OSP ドライブクローラー5.5インチ』

『レイドジャパン FATウィップクローラー5インチ 高比重モデル』

『レインズ マグナムスワンプクローラー』

になります。

狙いどころについて

春は釣れるポジションも日によって著しく変わっている、そんな印象を受けました。

基本的な狙いどころは越冬場から一番近い上流側のシャロー帯から始まり、そこから季節が進行するごとにより上流域にある深い場所やその周辺のシャロー帯を中心に狙っていきました。

スポーニング(産卵)に入る頃には、

魚の状態も冬から春に徐々にシフトしていきます。やはりキーとなるのは、波動が強くゆっくりと誘えるルアー(ワーム)となります。

その大きな理由としては、魚が冬の状態から完全に動ける状態になっておらず、側線や目がまだ慣れていない為、小さなルアー(ワーム)を見つけるのが難しい状態にあるからだと思います。

釣れる条件について

早春の釣りを振り返ってみて感じたのは、日によって魚の状態が著しく変わるということ。

ものすごくバイトが多発する日もあれば、何をしてもどこにキャストしても全く無反応という日もありました。

また、アタリがあっても食いがものすごく浅く、バイトまで至らないような時間帯もありました。

釣れた魚を振り返ってみると、魚のスイッチの入る要因があったようにかんじました。

例えば・・・

水温が上がりきる夕マズメや、天候が変化したタイミング、水が流れ始めたタイミング、風が吹き始めたタイミングなど。

タフなときほど、このような何かしらスイッチが入るようなタイミングが重要なような気がします。

春は特に魚の状態にムラがあるので、エリア選定や、ルアー(ワーム)のチョイスだけでなくタイミングもとても重要な要素になるのではないでしょうか・・・

そのおのおのの条件が一致したときに『春爆』と呼ばれる状況になるのではないかと感じました。

今の時期だけではありませんが、

スモールが釣れた時期、場所、時間帯、ルアーなどをしっかりと覚えておいて

何故、釣れたのか??

というのを、自分なりに分析、解釈していくことでより次の1本につながっていくという事を感じることができた春となりました。

動画

3月中旬、暖かい日に6バイト3フィッシュ。

最後には極太のメススモールが釣れました。タフな状況ではありましたが、

午後からの数時間での釣果で『春爆』を感じた一日となりました。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


バス釣りランキング




 

Sponsored Link



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 間違いだらけのスモールマウスバスFishing , 2020 All Rights Reserved.